読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Japan Perl Association について

一般社団法人Japan Perl Association (JPA) は Perl技術及び文化の啓蒙・促進のための組織です。Yet Another Perl Conference Japan (YAPC::Japan)を主催するほか、 Perl技術を利用するプロジェクト、コミュニティ、ビジネスのサポートに 取り組む事を目的とします。

JPAが提供するサービス

講師派遣支援プログラム

憧れのあのハッカーを地元のPMグループに招待して話を聞きたい!そんな場合は注意事項をご確認の上ご応募ください。

プログラム概要

JPAでは各地域のPerl Mongerグループ(PM)間での交流および情報交換を支援するために講師の派遣にかかる費用の一部負担を行っております。これまでFukuoka.pmやHokkaido.pm等にPerlハッカー達を講師として派遣し、それぞれのイベントで講演していただいてきました。

講師の派遣を希望する方は下記の注意事項を良くお読みの上、フォームに必要事項を記入してご応募ください

注意事項

講師とのやりとり

JPAでは講師の斡旋は行っておりません。ご紹介等はできますが、具体的な招待、講演内容の依頼などは開催者と派遣講師との間で直接やりとりを行っていただきます。

日程等講師の方と折り合いがついたのちに下記フォームにてご依頼ください

応募資格

基本的にPMグループからの依頼のみを受け付けます。営利目的のためのイベントへの派遣はお断りいたします。その他の目的のイベントについてはまずJPAにご確認ください

また本活動はPerl言語の啓蒙・広告のためのものですので、必ず内容にPerlを盛り込むようにしてください

支援内容・条件

支援内容は以下となります:

  • 支援金は宿泊代および交通費に宛てられます
  • 支援金の上限は5万円といたします。
  • 支援金のやりとりはJPAと講師の方との間でイベント終了の後に行います。その際領収書を必ずお持ち下さい。

また、本プログラムを利用していただく場合は必ず以下の事を行って下さい:

  • イベントの告知を充分に行ってください。
  • イベントの内容を必ずブログ等でレポートしてください。
  • 参加者の方々にもブログを書いていただくよう要請をお願い致します。
  • 本プログラムはあくまで「支援」です。イベント内容が許す限りで構いませんので講師派遣費用の一部に宛てるために参加料金を徴収してください。一人当たり500~1000円程度を徴収し、イベント後にJPAにお支払いください

依頼する

次のGoogleフォームに必要事項をご記入ください。 http://goo.gl/forms/gvIHu1eDZlbJsdo82